先週の競馬

先週の中山競馬場は話題がたくさんありましたね。

まずは土曜日、藤田菜七子騎手が2Rでネイチャーポイントに騎乗してJRAデビューを果たすと、いきなり2着に健闘。

G1レース並の歓声があがり、勝った吉田豊騎手も「何ごとが起きたのか?」という感じで後ろを振り返る姿が印象的でした。

20160305-00000067-nksports-000-3-view

そして、日曜日の最終レース終了後、特別記者会見が開かれ、その席に武豊騎手が登場するというサプライズ。

途中からは武騎手がインタビュアーとなって藤田騎手にマイクを向ける格好で、会見を盛り上げていました。

まぁ、ユタカさんが隣にいたのでは、記者はつまらない質問も出来ないでしょうし、ああいう姿を見せることで、「彼女は競馬界の宝なんだから、お前らも大事にしろよ」と無言のプレッシャーをかけていたのかも知れません。

しかし、実のところ、自分が一番目立っていないと気が済まないんですよ、あの人は(笑)。

会見場に現れての第一声が、「こんにちは、武豊ともうします」でした。

目立つということは、全ての面で手本になる覚悟があるということだと思います。

ちなみに、メジャーリーガーのイチロー選手も、初対面の人には必ず「初めまして、マイアミマーリンズの鈴木一朗です」と言うそうです。

20160307-00000060-spnannex-000-0-view

日曜日の10Rには注目の白毛馬ブチコが出走し、好位集団から直線抜け出し快勝。

これでオープン馬(相撲で言う幕の内みたいな物)の仲間入りを果たし、見た目だけでなく、その実力は今後の重賞戦線を賑わす可能性も出てきました。

20160307-00000035-nksports-000-1-view

さらに日曜日のメイン『弥生賞』では、昨年末の朝日杯FSでG1完全制覇のかかった武豊騎手騎乗のエアスピネルを、リオンディーズが下した訳ですが、その二頭の再戦が行われました。

ただ、この二頭の決着はパドックからついていたようにも思われます。

エアスピネルは朝日杯FSの時はギリギリ我慢できそうな雰囲気でしたが、今回はとてもイライラしており、レースでもそういう面を出してしまいました。

ただ、リオンディーズの方もレースの序盤は気負い気味になり、ややオーバーペースになった分、最後の伸びに影響があったように見えました。

逆にパドックでも、レースでも全く気負うところなく、後方からスイスイ直線で抜け出したのはルメール騎手のマカヒキでした。

1着のマカヒキと2着のリオンディーズは、リオンディーズが完調ではなかったことを考えれば、本番(皐月賞)での逆転も十分考えられますが、3着のエアスピネルはどうでしょうねぇ…。

まともに戦ったら、この二頭にはちょっと勝ち目はないかも知れませんね。

ただ、それが分かれば、鞍上も思い切った乗り方が出来ますからね。

スタートをわざと遅らせて、後方から直線一気なんてことも考えられます。

本番が楽しみですね。

20160307-00000034-nksports-000-1-view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です