先週の競馬

いやぁ~、惜しかったですねぇ…。

土曜日の中山5Rで藤田菜七子騎手騎乗のオールドラゴンが2着に来ました。

勝ったリップルトウショウとは、わずか“ハナ”の差。

レース終了後、鞍上の蛯名騎手はジョッキー仲間から「勝たせてやれよ」と非難囂々。

表彰式での第一声は「すみません」でした(笑)。

まぁ、勝負の世界だから仕方ないですし、ファンがお金を投資することで成り立っている競馬の特性からして、絶対に1着は譲れませんからね。

でも、蛯名騎手や、3着ファントムグレイの横山典弘騎手らと互角に渡り合ったこのレースは、藤田騎手にとって大きな自信になったであろうし、力尽きたかに見えたオールドラゴンをゴール前でもうひと伸びさせた騎乗振りは、「乗ってもらいたい」と思わせるものでした。

本当に最後までよく追いました。

それだけに、勝たせてあげたかったです。

20160402-00000062-sph-000-5-view

「今回はお嬢ちゃんに勝利を譲るよ」と目をつぶるファントムグレイの奥で、舌を出すリップルトウショウ。

良い写真ですね(笑)。

日曜日は阪神競馬場で『産経大阪杯(G2)』が行われましたが、各馬ともにその先の目標に向けて余力を残しておきつつ、ここでもそれなりの結果を出しておこうという難しい仕上げが要求される一戦でした。

勝ったアンビシャスも、もちろん目標はここではなく次の天皇賞・春(G1)ですが、まだG1勝ちの実績がないし、前走の中山記念(G2)で負けていますから、ここは「負けられない一戦」だったわけです。

この馬は道中は中団より後方に控え、直線で一気に爆発させるのが、持ち味を一番力を発揮できると考えてられていました。

ですから、テン乗り(=その馬に騎手が初めて騎乗することをいう。)の横山典弘騎手にしてみれば、そういう乗り方をすることが小さいリスクで、上位争いをできる確率が高かった訳ですが、あえて抑え込まずに2番手に行かせました。

これで負けていたら「騎乗ミス」と言われますから、実績のない騎手なんかは過去の内容や、調教師や馬主の指示にがんじがらめになって、自分の競馬ができずに負けてしまうこともあるのでしょう。

そういうことを考えながら見ると、陣営と横山騎手のチームワークの勝利だったと言えるのではないでしょうか。

また、2着に敗れたキタサンブラックは次の天皇賞を意識したペースでレースを運ぶことができたし、今回はアンビシャスより2キロ重い斤量でしたが、本番は同斤量になりますから逆転の可能性は十分にあるでしょう。

ラブリーデイも、ショウナンパンドラも次につながるレースはできたと思います。

20160403-00000129-nksports-000-5-view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です