先週の競馬

先週の藤田菜七子騎手は、土日ともに新潟競馬場で騎乗し、土曜日は5Rナリノスワンキー7着、7Rスナッチアキス7着、8Rクリノロッキー6着、9Rドリームリヴァール13着、12Rウィステリアメジロ13着。

日曜日は3Rソロモンノユビワ9着、5Rタカラピクシー7着、6Rエイリアンラバボー14着、7Rクリノダイシャリン10着、12Rピュアリーソリッド1着でした。

土曜日7Rのスナッチアキスは今回で3回目の騎乗だったのですが、前回、前々回は4着で今回は7着。

着順は落としたのですが、前2走で中団から伸びきれなかったことを踏まえ、今回は思い切って殿からの競馬を試みました。

結果、勝てなかったのですから、これが好判断であったかどうかはまだ分かりませんが、前2走とも入着は果たしている訳ですから、同じ乗り方をした方が無難だったと思います。

しかし、勝つために必要だと思ったのなら、今回のような思い切った騎乗はどんどんして欲しいです。

日曜日7Rのクリノダイシャリンは4回目の騎乗で、前走、前々走でともに2着と言うことで、堂々の1番人気での出走となりました。

藤田騎手の場合、馬の実力に関係なく馬券が売れてしまうので、本来の能力よりも人気が高くなる傾向にありますが、今回は実力に見合う1番人気でした。

しかし、どうしたんでしょうねぇ…馬が全然行く気になってくれませんでしたね。

終始後方のまま10着に敗れてしまいました。

この敗戦で、ちょっと今週は(勝つのは)難しいかな?と思いましたが、最終12Rでやってくれました。

前走殿負け、前々走ブービー負けのピュアリーソリッドに乗り替わり、見事にJRA3勝目を挙げてくれました!

ただ、この馬の場合ダートで惨敗続きだったのが、芝に替わってアッサリ勝っちゃったのですから、これまでのレース選択が間違っていたと言う事もあると思います。

また、藤田騎手は今はまだ見習い騎手として、3㎏の減量特典が付いているのですが、このレースは特別競走と言う事で、その特典は適用されません。

ですから今回は、重賞勝ちの実績がある騎手たちと同じ斤量での勝利と言う事で、大きな自信になったのではないでしょうか。

20160516-00000512-sanspo-000-4-view

そして、翌16日には盛岡に飛んで4鞍に騎乗し、勝ち鞍はありませんでしたが、地元の女性騎手・鈴木麻優さんとの競演で地方競馬も盛り上げてくれました。

20160517-00000515-sanspo-000-3-view

土曜日の東京メインは安田記念・G1(6/5)の前哨戦『京王杯スプリングC(G2)』が行われ、3番人気のサトノアラジンがタイレコードで重賞初制覇。

この馬はデビュー当時からダービー候補に名を挙げられるほど素質を見込まれていたのですが、これまで重賞勝ちがなかったんですね。

まぁ、高い素質を見込まれていた馬なら、当然3歳時にはクラシック(皐月賞・ダービー・菊花賞)を意識しますから、必然的に長めの距離のレースを選択することになりますが、今回は初の芝1400m(デビュー以来最短距離)で強い競馬を見せてくれました。

前出のピュアリーソリッドにしてもそうですが、馬の適性を見抜くと言うのも、関係者に求められる能力の一つで、レースで勝った負けたよりも、レースで乗った印象を的確に説明してくれる騎手を“いい騎手”と評する調教師さんもいます。

また、2月の東京新聞杯でラチに接触し、落馬負傷していた浜中俊騎手が、その時と同じダッシングブレイズで復帰初戦を迎えました。

しかも、同じ東京競馬場と言うこともあり、相当意識したと思いますが、今回は外枠と言うこともあり、ラチには近づく事なく外から追い込んで4着でした。

あの日の悪夢はいい経験にして、またコンビで活躍していってもらいたいですね。

20160515-00000035-nksports-000-1-view

日曜日は東京競馬場で牝馬のマイル(1600m)王決定戦と言う位置付けの『ヴィクトリアマイル(牝G1)』が行われ、ストレイトガールが7番人気の低評価を覆し見事に連覇を達成しました。

昨年末に引退も考えられていたそうですが、年明けから再び体調がアップしていることに気付き現役続行を進言した藤原英昭調教師と、それを承諾したオーナーとのチームによる勝利ですね。

7歳(以上)牝馬によるG1制覇はJRA史上初のことですが、全くの楽勝という内容でした。

20160516-00000033-nksports-000-1-view

まだ年明け2戦しかしていませんし、ダメージが少ないようでしたら6月5日の安田記念に挑戦してもらいたいですね。

1番人気に推されたミッキークイーン(2着)はオークス、2番人気に推されたショウナンパンドラ(3着)はジャパンカップと、ともに2400mのG1競走を勝っているように、力は十分に備わっていたのでしょうが、マイルへの適性と言う点でストレイトガールには及ばなかった感じです。

さらに3番人気のスマートレイアーが4着、4番人気のルージュバックが5着ですから、(馬券が)外れた方にとってはストレイトガールの激走は予算違いだったかも知れませんね。

そして、レッツゴードンキは中団のまま10着くらいでしたかね。

馬は一所懸命に走ってくれたと思います。

また今度ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です