先週の競馬

先週の藤田菜七子騎手は、JRA初勝利を記録した思い出の福島競馬場で騎乗しましたが、土曜日は5Rボンジュールボーラ7着、8Rブリエアヴェニール11着。

日曜日は1Rウエスタンジョリー11着、7Rブラックスパーク16着、8Rホホエムオンナ12着、12Rフォルゴーレ15着と、ちょっといいところを見せられませんでしたが、明日(6日)は園田競馬場で4鞍の騎乗が予定されているとのことですから、関西のファンの前で素敵な笑顔を見せて欲しいですね。

20160703-00000049-nksports-000-3-view

土曜日の中京メイン『豊明S(1600万)』はジワッとハナに立ったタガノエスプレッソがそのまま押し切りおよそ1年8カ月振りの3勝目を挙げました。

昨年の皐月賞・ダービー・菊花賞3冠レース全てに出走していましたから知名度は高い馬でしたが、成績が奮わなかったため、今回はオープンクラスから1600万クラスに格下げとなっていました。

ですから、この馬の最近5走の成績は13、8、13、8、6着。

この数字だけを見てしまうと、今回も上位争いは難しいかなぁ…と考える人が多かったがゆえの5番人気だったかと思いますが、これまで手強い相手とばかり戦ってきた経験が生きれば、こうして久々の勝利を挙げる馬が現れるのもクラス再編成が行われる夏競馬の面白さでもあります。

また、たくさんのお客さんに来てもらうため、各競馬場で様々な催しを用意してくれています。

この日の中京競馬場では、タレントの稲村亜美さんがメインレースのプレゼンターを務めてくれました。

20160703-00000503-sanspo-000-1-view

日曜日の福島メイン『ラジオNIKKEI賞(G3)』では、ゼーヴィントが中団から直線鮮やか抜け出し1番人気に応えました。

このレースのプレゼンターには、お笑いタレントの小島よしおさんが登場してくれました。

それにしても、勝利ジョッキーの戸崎騎手、ジャンプ力でも負けてないですね。

20160704-00000513-sanspo-000-3-view

でも、一番入場者数に影響を与えたのは、日曜日の函館競馬場でトークショーを行った彼かも知れません。

この日の来場者数は前年比で111・3%だったそうです。

20160703-00000074-dal-000-3-view

最後に日曜日の中京メイン『CBC賞(G3)』では、レッドファルクスが後方から直線一気の競馬で勝利し、ミルコ・デムーロ騎手がJRA重賞通算50勝目を挙げました。

また、このレースで先手を取り、ゴール寸前まで見せ場を作ったベルカントの勝負服は、1日にくも膜下出血で他界したファレノプシス(桜花賞・秋華賞・エリザベス女王杯)と同じ。

ちょっと力が入りました。

20160704-00000510-sanspo-000-3-view

ファレノプシス号のご冥福をお祈り申し上げます(合掌)。

20160705-00000035-nksports-000-3-view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です