先週の競馬

先週の藤田菜七子騎手は、中京で土曜日、日曜日に3鞍ずつ騎乗し、まずは土曜日1R(未勝利ダート1400m)のホウオウステップで13着。

8R(500万ダート1800m)は、イデアオブダンディで中団から勝負どころで好位に取りつき、見せ場を作るも8着。

10R(500万芝1400m)のラブパッションは、後方のまま見せ場なく14着でした。

日曜日は1R(未勝利ダート1800m)ブラックモトヒメで12着。

6R(500万ダート1800m)ウェイアップハイは上位馬とはだいぶ離されましたが、入着もう一歩の6着でした。

7R(500万芝1400m)リルティングインクは最後方から直線、ジワジワ差を詰めて9着。いずれチャンスもありそうです。

土曜日の中山メイン『ターコイズステークス(牝重賞)芝1600m』は、1番人気のマジックタイムが道中最後方から直線一気の差し切り勝ち。

実績的には人気も結果も順当と言えそうですが、牝馬にとって56㎏を背負って勝つのは、そう簡単ではないと思います。

20161217-00000131-spnannex-000-4-view

前半半マイル46・4秒ですから、そんなには速くないように思いますが、前に行ったクロコスミア、ダイワドレッサーあたりが二桁着順に落ち込んだの見ると、結構前に行った馬には苦しい展開だったのかも知れませんね。

2着にも4コーナーを最後方で回ったレッツゴードンキが入線。

こちらは56・5㎏を背負っての好走、さすがは桜花賞馬ですね。

そして、日曜日の阪神メインは『朝日杯フューチュリティステークス(2歳GⅠ)芝1600m』でした。

阪神なんですねぇ…。

いつから阪神になったんでしょう?

“朝日杯”と言えば、“中山”と何の疑いも持っていませんでした。

しかし、こうやって条件が変わる度、伝統が損なわれ、威厳がなくなり、競馬の魅力が低下していっている気がしてなりません…。

1番人気に推されたのは唯一の牝馬ミスエルテでしたが、“フランケル産駒”ということで買い被られていた印象もありました。

一週前にフランケル産駒のソウルスターリングが阪神ジュベナイルフィリーズを勝っていたのでなおのことでしょう。

ただ、4着に敗れたとはいえ、ミスエルテ自身はパドックではイラついた素振りを見せていましたが、レース内容自体はそんな悪くなかったのではないでしょうか。

馬込みの中で折り合いは付いているようでしたし、直線の伸びも鋭かったですから、牝馬同士なら主役を担える可能性はあると思います。

フランケル産駒の二週連続のGⅠ制覇はなりませんでしたが、ソウルスターリングを管理する藤沢和雄厩舎がサトノアレスでGⅠ連覇です。

20161218-00000097-dal-000-2-view

また、サトノアレスの馬主の里見治さんも、香港ヴァーズをサトノクラウンで勝っており二週連続のGⅠ制覇と勢い乗っています。

しかし、鞍上の四位騎手は6年振りのGⅠ制覇ということで、これを機に再びリーディングの上位を賑わせてもらいらいですね。

そして、競馬ファンにとって、大変ショッキングな知らせが届きました。

毎週土曜日、テレビ東京系列での競馬中継を担当していた鷲見玲奈アナウンサーが、24日の放送をもって降板するとのことです…。

ショックです…。

7e4de47e

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>