闘将伝説最終章

角田元騎手(現調教師)が主戦を務めたシスタートウショウ、ヌエボトウショウに、池添騎手の名を全国区に広めたスイープトウショウ、シーイズトウショウらの名牝たち。

武士沢騎手とのコンビネーションが見る者を惹きつけたトウショウナイト。

1992年の金杯(G3)を派手な金髪をなびかせて勝利したトウショウファルコ。

他にもトウショウペガサス、トウショウマリオ、トウショウフェノマ、マザートウショウなど、多くの重賞ホースを輩出したトウショウ牧場が経営不振を理由に昨年10月に閉鎖しました。

長年競馬ファンをやっている人にとっては、2011年に伝えられたメジロ牧場閉鎖に続くショッキングなニュースでした。

きっと、みんなの中に想い出の“メジロ”、想い出の“トウショウ”がいることでしょう…。

…いや、いや、いや、いや、忘れていた訳ではありませんよ。

テンポイント、グリーングラスらとともに一時代を築き、引退後は種牡馬として中小牧場の救世主となり、日本競馬界を牽引してくれた天馬トウショウボーイ。

残念ながら僕はトウショウボーイの現役時代は知りません。

何せ、僕とボーイはともに1973年生まれですから。

それだけに、僕が知るボーイはビデオや本によるものだけです。

それでも、競馬ファンにとってはこのトウショウボーイという存在は特別です。

明日、東京競馬場で行われる『NHKマイルC(G1)』に“トウショウ”ドラフタが出走します。

トウショウドラフタの母はウイッチトウショウ、その母はサマンサトウショウ、その父はトウショウボーイ。

脈々と流れるトウショウの血、それを守り続けてきたトウショウ牧場、海老、黄ダイヤモンド、紫袖の勝負服に感謝の気持ちを込めて、大きな声援を送りたいと思います。900089

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>