京成杯

皐月賞と同じ中山競馬場芝コース2000mで行われるということで、今後を占う意味でも注目したい一戦です。

僕が期待するのはウムブルフです。
前走、未勝利戦を勝ったばかりでいきなり重賞挑戦ですから、大きなことは言えませんが、素質的には好勝負しても不思議はないと思います。
将来性込みで注目したい一頭です。

それとユウチェンジですね。
遊馬にとって、この名前は放ってはおけないでしょう。
デビュー当時は少し周りの馬たちを気にしているような感じもありましたが、その辺もすっかり解消され、前走の朝日杯FSではスッと5~6番手に付けられましたからね。
この馬はスタートはいいけど、ダッシュがいまいちでいつも中団辺りを追走していただけに、前走のソレはいい傾向です。
距離は1600mから2000mに延びますが、前走の1600mが短すぎるのではないかと心配したくらいで、元々このくらいの距離を(勝負に適した舞台だと)意識していたはずです。
追い切り(レース前の最終調整)の動きはさほど良くは見えませんでしたが、月曜日にいい運動ができているようなので期待しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>