G1馬始動

ついこの間、“夏競馬”が終わったかと思ったら、早くも“秋競馬”の大一番に向けて、G1馬が続々と姿を現します。

日曜日の中山メイン『セントライト記念(G2)』には、皐月賞馬ディーマジェスティが出走します。

ダービー3着以来となる3ヶ月半振りの実戦となりますが、稽古の動きを見る限りでは十分力を出せる状態にあると思います。

ただ、春に比べて凄く成長したかというと、僕の目には少し物足りなく見えました。

この馬は、デビューから2戦続けて2着に負けていたのですが、いずれも直線で素晴らしい伸びを見せながら、先手を取った馬をとらえきれませんでした。

そう考えると、ディーマジェスティを倒せる可能性があるのは、前に行って粘れる馬ということになると思いますが、どの馬もちょっと格が違いますかね。

戸崎騎手の手腕に期待のゼーヴィント、安定感抜群のメートルダール、すんなりハナに行ければキークラッカー辺りに頑張って欲しいのですが…。

一方、阪神メイン『ローズ(G2)』では、桜花賞馬ジュエラーとオークス馬シンハライトがいきなり直接対決。

これが3度目の対戦となりますが、1度目は3月のチューリップ賞でシンハライトがハナ差で勝ち、2度目は翌月の桜花賞で、今度はジュエラーがハナ差でリベンジ。

続くオークスでシンハライトはG1制覇を達成しましたが、ここにジュエラーの姿はありませんでした。

再戦を「楽しみ」とするジュエラーのデムーロ騎手に対し、「自分の競馬に徹する」というシンハライトの池添騎手。

秋華賞へ向けての前哨戦とはいえ、非常に興味深い一戦になりました。

しかし、この2頭が能力的には断然ですが、ここはあくまでも“前哨戦”です。

余力残しの仕上げで、余力を残してレースを終えたいところ。

そこに僅かながら他の馬たちにもチャンスはあるかも知れません。

福永騎手のアットザシーサイド、武豊騎手のレッドアヴァンセ辺りがその候補に挙げられると思いますが、阪神1800メートルは器用さが求められるコースなのでフロムマイハートとか、切れ味に磨きのかかったラベンダーヴァレイにも期待したいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>