3強物語

“3強対決”

そんな文字をあちらこちらで見かける今年の皐月賞。

3強とは、サトノダイヤモンド、リオンディーズ、マカヒキの3頭のことです。

過去にも、皐月賞を前に3強対決と騒がれた年はありますが、これほどレベルの高いソレはなかったと思います。

ただ、果たしてレース終了後も3強と呼ばれているかどうかは微妙です。

それは、サトノダイヤモンドが1強である可能性も低くないからです。

あの馬が、ここをあっさりクリアしてしまうようなら、5月の日本ダービー、10月の菊花賞も勝ち、史上8頭目のクラシック3冠馬となる可能性はかなり高くなると思われます。

しかし、ちょっと待って下さい。

あっ、いや、ちょちょちょっと待ってお兄さん。

先週(メジャーエンブレム)懲りたんとちゃいますのん?

そうですね、先週も今ごろはメジャーエンブレム1強ムードが漂っていました。

しかも、鞍上はサトノダイヤモンド同様ルメール騎手です。

そして、「サトノダイヤモンドとそれ以外」と「メジャーエンブレムとそれ以外」では、メジャーエンブレムの方が抜けた存在でしたからねぇ…。

今回もデムーロ騎手のリオンディーズが勝ち、2着にマカヒキ。

サトノダイヤモンドは直線で前が開かず、外に持ち出すと物凄い脚で追い込んでくるのですが、3着止まりなんてこともあるかも知れません。

そして、続く日本ダービーでは、皐月賞は不利に泣きながらも、最後に強烈な脚を見せ付けたサトノダイヤモンドが1番人気に推され、2着のマカヒキに5馬身の大差をつけて圧勝。

勝利騎手インタビューを満面の笑みで受けるルメール騎手。

すると、インタビュアーからこんな一言が…。

「先週は涙もあったルメール騎手ですが…。」

先週…そうです。

日本ダービーの一週前、ルメール騎手はメジャーエンブレムでオークスを制し、男泣きに泣いていたのです。

「ハイ。今日ハ涙ナイデス。トッテモHAPPYデス!アリガトゴザオマシタ!!」

喜びを爆発させるルメール騎手。

ひと夏越して成長した姿を見せるリオンディーズとマカヒキ。

リオンディーズは距離適正を考えて菊花賞にはいかず、天皇賞(秋)を目指します。

最後の1冠奪取に燃えるマカヒキは、トライアルを制し1番人気で菊花賞を迎えます。

菊花賞にはサトノダイヤモンドも出走してきましたが、調整が遅れぶっつけ本番となってしまい、目標はあくまでも次のジャパンカップ。

そんな中、マカヒキが順当に勝ちます。

リオンディーズも天皇賞(秋)を、サトノダイヤモンドもジャパンカップを勝ち、再び暮れの中山競馬場で“3強対決”の文字が踊ります。

そんな有馬記念が見られたら最高ですね。

しかし、まぁ、ここまでくると、完全に“予想”ではなく“妄想”ですね(笑)。

ちなみに僕は、4カ月前までは“世代最強”と目されていたエアスピネルの巻き返しに期待します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>